私たちについて

わたしたちの代表は、1974~75年にインドネシアの熱帯雨林の伐採に携わりました。そこは世界でもそこにしか生息しないオランウータンの生息地域でした。

その現場のジャングルで出会ったオランウータンの眼の中に環境破壊の罪の重さを感じました。

この取り返しのつかない活動を埋めるために42歳の時に転職して、環境保護活動を始めました。1996年からオランウータンの保護活動を、1999年から植林活動を行っています。そして、2016年に転機となる出会いがまたありました。それは、奇跡の木と呼ばれる「モリンガ」との出会いです。一般植物の20倍の成長をするモリンガを100億本普及すれば、地球温暖化による気候変動の問題を解決に役立ち、飢餓貧困で苦しむ人々の生計向上に役立ちます、モリンガによる「みんなが共生する森づくり」の始まりです。

なぜ、今植林なのか?
あなたも地球の気候変動を乗り越えて、より住みよい地球の明日のために行動を始めよう!

 

人間が地球上で生き続けるために不可欠な森を創るために!

 

オーストラリア国立自然科学産業研究機関(CSIRO)の研究員ジョゼブ・カルデル氏は2011年7月の米国の科学誌「サイエンス」に研究成果を発表しました。その中で、

「人類が排出したCO2を大気中から除去するうえで「森林」が非常に大きな役割を果たしている証拠が全地球規模で示されたもし明日にでも森林破壊を止めれば、既存の森林と再生森林を合わせて、化石燃料によって排出されるCO2の半分を除去できる」

と述べています。そして、気候変動政策の戦略としての森林は、これまで考えられていたよりも中心的な位置にある」としています。

わたしたちもこの研究に全面的に賛同するとともに、他の森林の機能として①①酸素を生成②土壌の浄化③騒音の吸収④雨水の流れの制御⑤炭素を固定して貯蔵⑥大気を浄化⑦日陰の効果⑧防風効果⑨土壌浸食を防ぐ⑩木材や美化効果により資産価値を高める、など人間の生活には不可欠です。だから、今、植林です。

私たちは、1999年からのさまざまな環境での植林体験の中から見出した奇跡の植物があります。

スギの木の50倍、一般植物の20倍の成長する樹木=モリンガ、この木を世界中の普及すればCO2を速く、たくさん吸収してくれます。地球上で快適に生きてゆけるように気候変動も緩和、解決してくれます。人類共通の課題、地球温暖化による気候変動とモリンガの葉や実は栄養価の高い食べ物で、健康生活に役立ちます。(FAOなど国連でも推奨、普及しています)

あなたの健康人生と世界の飢餓貧困解決にも役立つモリンガの普及

 

みんなに伝えよう!
  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey

わたしたち人類は、森と共に生き、森に生かされています。どのように時代が変わろうとも「森のない地球にわたしたち人類は生きられません」

森を育てることは次世代の子供たちの未来を創造する事につながります。

お問合せは;

 

​お電話:04-2968-6343 ​

Email : info@vivolife.net 

​​​

© 2023 by ECO THUNDER. Proudly created with Wix.com