小学生の声~知っているかい?便利さと引き換えに温暖化

May 22, 2017

ここ数年の気候変動は身をもって実感できるほどに進んできた。

気候変動の背景には地球温暖化がある。

タイトルの標語は、私たちの植林活動の熱心な支援者の方が

住まわれている「八千代市の小学生の標語です」よという年賀状を

頂きました。

素晴らしい感性と表現力に感心させられました。

日常生活で自然界の変化を感じ、さまざまな世界の自然災害のニュースをみて

小学生でも危機感を感じているようです。

小学生でもという言い方は間違えているのでしょうね

これから先、これまで以上に厳しい地球の自然環境の中で生きぬいてゆかねばならない

子供たちだからこそ真剣に感じ取って「このような素晴らしい標語」を

作り出したのだと思います。

大人も同じ情報か、それ以上の情報をキャッチしていても、心のどこかで

問題先送りの気持ちで処理しているように感じます。

世界には日々本当に温暖化、気候変動と向き合っている人々がおられます。

日本ではとりあえず先送りの心でも大人はいいでしょうが、

10年、20年先に子供たちが生きる世界を考えるととても厳しいものがあると
言えます。

環境問題を研究している学者のみなさんは大きなジレンマを抱えておられるようです。

真剣に考えれば考えるほど厳しいデータが積み上げられて、その解決のための

処方箋が導き出せないもどかしさで「発狂寸前」という先生もおられます。

科学技術は進歩していますが、自然を超えるものは見当たりません。

地球規模の人類全体に及課題は、自然に学び、自然の摂理に学びながら

処方箋を見つけることが確実です。

2017年より5年間で

奇跡の木と呼ばれるモリンガを地球規模で

人類の未来の為に100億本植えたい

これが実現できれば今吐き出しすぎている150億トンのCO2を

吸収してくれて、栄養価の高い「葉」や「実」を供給してくれます。

地球温暖化の対策になり、貧困対策になる素晴らしい木です。

みんなでこの木を世界中に植えて、この危機を克服したいと願っています。

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
みんなに伝えよう!
  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey

わたしたち人類は、森と共に生き、森に生かされています。どのように時代が変わろうとも「森のない地球にわたしたち人類は生きられません」

森を育てることは次世代の子供たちの未来を創造する事につながります。

お問合せは;

 

​お電話:04-2968-6343 ​

Email : info@vivolife.net 

​​​

© 2023 by ECO THUNDER. Proudly created with Wix.com